松村真依子 私家版絵本のお取扱い

7/1 open初日より、千鈴舎店舗にて絵本作家の松村真依子さん私家版絵本『きょうはもうねます』、『あかるいところ』の二作品をお取扱いさせて頂いております。千鈴舎のイラストロゴを描いてくださった絵本作家さんです。今回はこの絵本たちのご紹介を書かせて頂きたいと思います。

『きょうはもうねます』

タイトルの『きょうはもうねます』という言葉から始まり、物語が紡がれていきます。中の絵と詩も素敵で、、

 

写真は、絵本の中の一部ご紹介になりますが、穏やかな音楽や歌が聞こえてくるような、一人の部屋でゆっくりとめくりながら読みたくなる、素敵な絵本です。

『あかるいところ』

『きょうはもうねます』とはまた違った、淡い水彩の色がきれいな絵本です。絵の色合いや言葉を眺めているだけでも充分に楽しめる、画集のようでもある素敵な作品です。

個人的にはこのページの絵と言葉が好きです。

一枚目に写っている、上部の糸の縫い目、こちらも一冊一冊、松村さんが全て手づくりでチクチク縫っていらっしゃるとのこと。。。!凄いですね!

数年前、経堂にあったURESICAさんという絵本屋さんで真依子さんの『きょうはもうねます』に出会い、私個人的にずっと大切にしてきた大好きな絵本を、まさか自分の関わるお店でご紹介・お取扱いさせて頂ける日が来るなんて。。。!当時は微塵も想像できなかったことです。なんだか不思議な気持ちになると共に、とても嬉しく思います。素敵なご縁に感謝しつつ、ぜひぜひ、皆さまにもお手に取っていただきたいです。

千鈴舎営業時に店内にて販売しておりますので、皆さまぜひ、お手に取ってみて下さいね。

『きょうはもうねます』¥1,600

『あかるいところ』¥1,600

松村真依子さんWebSiteはこちら。

 

Gallery & 音楽室 千鈴舎 紺エリコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です