「まどのむこうには」まつむらまいこ

 

¥1,650+送料 / ご購入はこちら

 

「まどのむこうには」
作・絵 まつむらまいこ

まどべにすわってほんをひらけば
ふと こころひかれる まどのむこうのあかり
まどのむこうの だれかのくらし…..

2020年1月発行、まつむらまいこさんの私家版絵本。
窓の向こうの灯りの中、そのひとつずつの生活の一遍が描かれています。
小さくも広く、狭くも無限なような、窓の向こうの人々の暮らし。
「まどのむこうには はかれない じかん」…(本文より)
胸の中にある気持ちをくすぐられるような、不思議な本です。

既刊「わたしはしらない」(まつむらまいこ作・絵 /えほんやるすばんばんするかいしゃ発行)の姉妹本とも言える作品だそう。

※表紙に開けられた窓は、一つずつ手作業でカットされています。
※一冊一冊、開いた窓の場所が異なります。

・ソフトカバー
・15.0cm×15.0cm
・32ページ
・編集協力: よもぎBOOKS

まつむらまいこ(松村真依子)
1985年生まれ/奈良県出身/京都精華大学卒業/ボローニャ国際絵本原画展入選/イルフ童画大賞入選

https://www.mayko88.com/

¥1,650+送料 / ご購入はこちら